西葛西・海鮮酒場 うごうで刺激的遭遇!

来店前に把握している情報

今回お邪魔したのは西葛西の「海鮮酒場 うごう」さん。看板の通り、おいしい海鮮に舌鼓が打てる居酒屋のようです。ほかにもメニューにはダチョウ、カンガルー、ラクダといろんな海鮮が豊富……。ってこれ、海鮮じゃない! なにこれ? 富士サフ〇リパーク?

海鮮酒場 うごうの感想

お店の外観

こちらが海鮮酒場 うごうの外観。

なんか、大衆酒場って感じの雰囲気ですね。ちなみに、隣はカレーのココイチです。

上は普通のマンション。マンションの1階が居酒屋っていうのは、住人的に便利なのか、迷惑なのか……。

店内の雰囲気

店内は大漁旗をはじめ、漁師っぽい世界観を前面に押し出しています。

壁にはメニューがズラリと掲げられています。

お店は縦に長く、カウンター席、テーブル席、ともに結構な席数があります。

メニュー表

メニュー表はこちら。

マグロとか書きとか、海鮮の王様みたいなメニューが並ぶ中、変わり種のところに、

おわかりいただけるだろうか……。

カンガルーの炙り刺し(おすすめ)。

ラクダの炙り刺し。

ダチョウ刺し。

ワニのガーリック焼き。

カエルの姿焼き。

カンガルーとかワニとか、いったいどこで仕入れてくるんだ?

これは、どれか一つ注文してみないと。

そういえばちょっと前にテレビでV6の長野君が「この前ラクダを食べた」って話をしていて、「そんな人いるんかい」と思ったなぁ。

よし、僕もラクダを食べて「そんな人」になろう!

おすすめメニュー

まずはお通しで卵が来たのですが、これがびっくり!

銀色! 本当に食べれるのかね、これ。

向いて見たら中は茶色。煮卵のようです。

白身にしょうゆだしがしっかりとしみ込んでいます。

さて、まずは海鮮、という事で「鯖のへしこ」なるものをオーダー。

「海のチーズ」とメニューには書いてありましたが、ぬか漬けで熟成された渋みが酒のつまみとして最適です。

こういうのはもともとは保存食として生まれてきたんだろうなぁ、と日本の食の歴史に思いを馳せます。食は文化を、歴史を教えてくれます。

米が食べたい、とのことで、わさび飯を注文。

真ん中のワサビをぐやぐちゃとかき混ぜていただきます。

おいしい。おいしいんだけど、

わさびが鼻から抜ける~!

そしていよいよ来ましたよ。

ラクダの炙り刺し

食べてみた感想が、水分が多い。

ラクダは体に水をためるこぶがあるっていうけど、何か関係しているのかな。それとも単に解凍の問題かしら。

脂身の多いお肉の方が、身が引き締まっておいておいしいですよ。

次に頼んだのはマグロのしぐれ煮のポテトサラダ

ポテサラにツナが混ぜ込んでありますが、お店曰く「ツナではなくマグロのしぐれ煮」とのこと。

マグロの風味と、ポテトのまろやかさがとてもお互いを引き立てあっています。

ありそうでなかった組み合わせ。これを考えた人は天才か?

最後に頼んだのは「鶏肉の辛辛しびれ煮」

見るからに辛そうな真っ赤なスープに、山椒が入っていてさらに刺激的な味に。

これは、最後にオーダーするべきです。

あまりの刺激に、舌先が死にます。最初に食べたら、そのあと、もう味がわかりません。

汗が止まらない! っていうか、今も書きながら思い出して汗をかいている!

西葛西はインドカレー屋が多いですが、その辺のインドカレーよりも辛いです。

とはいえ、舌先が完全にやられたんだけれども、それでも中の鶏肉がおいしいことはわかりました。

海鮮酒場 うごうの詳細

営業時間

月~土 18:00~29:00

日   17:00~24:00

不定休

住所・お店への行き方

東京都江戸川区西葛西5-6-11

まずは西葛西駅北口へ。

 

りそな銀行のある通りを入っていくと、右手にあります。

子供連れへの対応

居酒屋なので、とくに子連れ客への対応はありません。

ラムネならあるよ。

女子会に使えるか

大いにありです。実際に、女子会に使っている人たちを見ました。

銀色の玉子がお通しで出てきて、みんなで一斉にスマートフォンで撮影していました。今頃、インスタグラムにでも載っているでしょう。

まとめ

お酒を楽しみたい人におすすめです。あとは、「俺、ラクダ食べたぜ!」って自慢したい人とか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA