西葛西の島ごはんランチメニューの肉野菜そばでお腹いっぱいです

西葛西の沖縄料理店と言えば、「島ごはん。」

西葛西にいながら沖縄を感じたくなったら島ごはん、泡盛飲むなら島ごはん、オリオン飲むなら島ごはん。

というわけで、いつもは夜に行く島ごはんさん。今日は昼から無償に沖縄を感じたくなり、行ってきました。

島ごはんランチの感想

ランチで来るのは初めてでしたが、店内はなかなか賑わってました。それもそのはず、コスパの良いランチで料金以上の満腹感と満足感を堪能することができました。

店内の雰囲気はこんな感じ。

ドリンクはカウンター席の1区画にフリードリンクコーナーが設けられています。

シークワーサー、
うっちん茶、
さんぴん茶、

というラインナップ。併せ技の琉球グラスでもうここは沖縄そのもの。

壁には沖縄の方言やらうんちくやらが張り巡らされてます。
くるたびに読んでは「へぇー」となってるはずなのですが、一向に覚えられません。

メニューはこんな感じです。

  • ソーキそば:900円
  • タコライス:830円
  • 沖縄のちゃんぽん:880円
  • ポーク玉子:880円
  • 頑寿:980円
  • ゴーヤちゃんぶるー:830円
  • 肉野菜そば:850円
  • ガチマヤー:980円
  • 日替わりランチ
  • じゅーしー(沖縄炊き込みご飯):+100円炊き込みご飯になる

頑寿以外には小鉢、おしんこ、サーターが付き、+300円で小ソーキそば。

私は肉野菜そばを注文。連れはタコライスに小ソーキセットでデブ活に励んでいました。

この日の小鉢はもずく、おしんこはたくあん。サーターアンダギーが1つ。これで十分お腹いっぱい。もう食べれない。

てか、肉野菜そば、野菜と肉の量まじで多すぎです。うまいけど。野菜をかきわけ、麺が登場するのに2分くらいかかります。お近くタンメントナリさんとか、二郎とか食べ慣れていればモウマンタイですが、一般人の私にはなかなかの量でした。

麺は太縮麺で噛み応えバツグン。スープはソーキそばのものと同じかな。カツオ系と豚出汁。その上に最高火力で炒めたと思われる野菜と豚肉が一人前。

なんというか、沖縄を思い出すというよりはマジでタンメントナリを思い出すランチとなりました・・・w

終盤に差し掛かったところでテーブルの隅に島とうがらしを発見!

沖縄にいくたびにコイツには痛い目を見てるので、小さじ一杯ほどの適量を投入し味チェンジを楽しみます。

そして、さらに奥に潜んでいる「アカハチ」と名乗るソース。

こいつはいったい・・・・。

当然のように興味本位で入れてみたものの、小さじ一杯で汗吹き出しました。

要注意ちゅうの要注意ソース、
大量投入は死あるのみです。

スープの色ほとんど変わってないのに。

こっちがタコライス。左側においてあるソースをまぜまぜして食べます。味はいわゆるタコライスだそうです笑

美味しそうに食べてましたけどね。

その他のメニュー

島ごはんの詳細

  • 電話番号:050-5570-3404
  • 住所:東京都江戸川区西葛西6-18-3 第二喜楽ビル B1F
  • 営業時間:
    【平日・土・祝】ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30)
    【平日・土】ディナー 17:00~00:00(L.O.23:00)
    【日・祝】 16:30~23:30(L.O.22:30)
  • 定休日:無休

お店の行き方

駅からだと、南口をでて正面のピタットハウスとUFJ銀行を左に曲がりまっすぐ進みます。左手にたかし屋という赤い看板のラーメン屋が出てきたらそこのT字路を右に曲がって左側のKIRAKUビルを地下に入るとあります。

お店の駐車場はないので、付近のコインパーキングを利用しましょう。

島ごはんまとめ

夜は居酒屋として、昼はランチ営業としてまったく違う顔を持つ島ごはんさん。どっちもリピ確定ですねー。子供イスやらの用意はないので小さい子供は避けた方が良いかもしれませんが、奥に座敷(掘りごたつ)のエリアもあるので状況によりありかもですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA