西葛西ドットコム限定クーポン配信中! LINE@に登録してクーポンをゲット! >>

葛西・ハロー ベトナムレストランでベトナムのコメ文化を体感

来店前に把握している情報

ハロー。今回お邪魔したのは東葛西5丁目にある「ハロー ベトナムレストラン」さん。西葛西・葛西近辺はインド料理屋が多いことで知られていますが、ベトナム料理にはあまりなじみがありませんね。事前に調べてみても、どんな味なのか見当もつかないメニューがちらほら。いったい、なにが食べれるのでしょうか。

ハロー ベトナムレストランの感想

お店の外観

なんか、意外と地味ですね。インド料理屋だと、ヒンドゥー教のシンボルであるオレンジを使うことが多いのですが。

ちなみに、「ハロー」のスペースは右側半分のみ。左側はベトナム雑貨を売るお店です。中でつながっていますけどね。

店内の雰囲気

店内ではBGMとして、ベトナムのポップスが流れていました。

日本のポップスがJ-POP、韓国のポップスがK-POPなら、ベトナムのポップスはV-POPとでもいうのでしょうか。

実際調べてみると、やっぱりV-POPっていうみたいです。

流れていたのはず~っと、バラードばっかり。

3曲続けて、バラードばっかり。V-POPには、アップテンポな曲はないのでしょうか。

メニュー

メニューにはフォーが多いです、フォ~!

フォーのほかには、ビーフンのセットもあります。

ビーフンとは米粉で作った麺のこと。

日本でもビーフンはおなじみですが、どちらかというとスープのない「焼きビーフン」のイメージがあります。

でも、「そば」と「焼きそば」が別の料理であるように、「ビーフン」と「焼きビーフン」も別の料理みたいです。

今回は「かにビーフンセット」をオーダー。

おすすめメニュー

こちらがかにビーフンセット

赤いスープだから、辛い味なのかと思いきや、意外とあっさり系。

 

実は、スープの中にトマトが入っていて、このスープの赤みもトマトの実をすりつぶしたものなのです。

ちなみに、薬味もありますよ。

セットには春巻きもついています。中にもビーフンが入っています。

こうやってベトナム料理を食べてみると、ベトナムは米文化だというのがよくわかります。

あ、「アメリカ文化」じゃないよ。「コメ文化」ね。

ビーフンは米粉で作られているのですが、

春巻きも米粉で皮が作られ、春巻きの中身もビーフン。

なんでもかんでも米で作ります。

それもそのはず。ベトナムは、米の生産量も消費量も世界第5位!

日本人よりも米を作り、日本人よりも米を食べているのです。

一方、小麦は涼しくて乾いた土地を好むので、高温多湿なベトナムでは小麦が育ちにくく、小麦料理も発展しなかった、とも言えます。

「どうしてこんな料理が生まれたんだろう?」と思いをはせながら食べるのも、エスニック料理の醍醐味です。

そしてデザートもあります。

緑の寒天が入った杏仁豆腐? それともヨーグルト?

イヤイヤ、この白いのは液体なのです。

だったら、牛乳? 飲むヨーグルト?

なんと、これも米粉を溶かしたもの!

どんだけ米尽くしなんだよ!

めちゃくちゃ甘くておいしかったです。

ハロー ベトナムレストランの詳細

営業時間

ランチ  11:00~15:00

ディナー 17:00~23:30

定休日:水曜日

住所・お店への行き方

東京都江戸川区東葛西5-8-3

お店があるのは葛西駅の北口。

メインの大通りをまっすぐ北へと進みます。

まず目指すのは「長島町交差点」のバス停。

このバス停を過ぎたら、右折して路地に入ります。

次の交差点を右に曲がると、お店がすぐに見えます。

子ども連れ客への対応

子ども連れ客に対する対応は、とくには見られませんでした。

ランチ・女子会で使えるか

女性はこういったヘルシーな料理、好きなのではないでしょうか。

感想のまとめ

食こそ、最高にして最善の異文化交流!

ベトナムのことについていろいろ調べるより、勉強するより、ベトナム料理を食べることこそが最高の方法です。

食べてから、「なぜこんな料理が生まれたのだろう?」「なぜこの国はこういう料理を食べるのだろう?」と考えるのも楽しいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA