西葛西・大黒鮨の極上ぶり丼に舌鼓

来店前に把握している情報

今回お邪魔したのは、西葛西5丁目にある大黒鮨さん。大黒鮨さんではランチ営業も行っており、ネットを見てみると、さんま丼やぶり丼といった、海鮮系のどんぶりが好評みたいです。こういったお寿司屋さんに普段行くこともなかなかないし、敷居が高いんだけど、ランチだったら気軽に行けるかな?

大黒鮨の感想

お店の外観

お店があるのは西葛西5丁目。線路のすぐ近くですが、あまりお店も人通りも少ないエリアです。

お店自体はわかりやすいですが、「このエリアにお店がある」「このエリアによく行く」という人の方が少ないかも。

店内の雰囲気

店内はカウンターが数席。テーブル席が二つ。どうやら家族経営のようで、お店自体はそこまで広くありません。

しかし、平日、それも午後1時を過ぎているのに、カウンターはずらりとお客さんで埋め尽くされていました。

みんな、ランチのどんぶりを食べているのかと思いきや、昼間から大将に寿司を握ってもらっている人も。

どうやら常連さんのようで、気さくな大将との会話を楽しみながら寿司を食べていました。

メニュー表

ランチのメニューはこちら。

さんま丼はもうないのかぁ。まあ、旬を過ぎてるからなぁ。

焼き魚定食もおいしそうなんだけど(そっちはさんまあるよ)、今日は個人的にぶり丼を楽しみにしていたので、ぶり丼をオーダーしました。

しかし、待っている間にも、隣のお客さんが食べてるお寿司がおいしそうで気になる気になる。

大将が一人で頑張っているので、ちょっと時間がかかりますが、その間、大将の華麗な手さばきを見て楽しんでいました。

おすすめメニュー

まずは、サラダが運ばれてきました。

ドレッシングが効いてておいしい。意外と洋風な味付けでした。

そして、ぶり丼がこちら!

これだけじゃ、ただのぶりの刺身にも見えかねないので、ぶりを一個どかしたバージョンがこちらです。

このぶりがまろやか。しょうゆなどの調味料は必要ありません。余計な味付けせず、このままで全然いけちゃう。うまい!

これにシジミの味噌汁がついてきます。潮干狩りの帰りか!ってくらい、シジミが入っていました。これがまた旨い。正直、シジミ苦手なんだけど、これは旨い!

さてさて、ぶり丼を食べながらも、隣のお客のお寿司も気になる。

おなかにもまだ余裕があるし、これは、行っちゃいますか!

まずは定番のとろ

若干白みがかっているのは脂身かな?

とろというだけあって、口の中でとろける!

サバタコも行っちゃいましょう!

サバもまろやかなんだけど、ぶりやとろとは違いしっかりとした歯ごたえがあります。

そしてタコ。タコにはしっかりとした旨味がありました。

総じて、全部レベルが高い! 1ネタ1ネタが、回転寿司やコンビニのお寿司なんて鼻で笑ってしまうくらいレベルが高い! これぞ、プロの味!

大変に満足でした。

大黒鮨の詳細

営業時間

ランチタイム 11:30~14:00

定休日:火曜日

住所

東京都江戸川区西葛西5-6-15

お店があるのは西葛西駅の北口。

 

線路沿いに葛西駅方面へ向かいます。

 

この交差点を左折。すると、

 

すぐにお店が見えてきます。

子連れ客への対応

とくには見られませんでした。というか、子連れ客がいませんでした。

逆に聞きます。「家族で本格的なお寿司食べに行ったよ」ってい小学生がいたら、ぜひご紹介願いたい。

ランチ・女子会に使えるか

う~ん、ちょっと違うかなぁ。落ち着いた雰囲気だし、女子同士できゃぴきゃぴはなしながら食べるのはちょっと違う気が。どちらかというと、大将との会話を楽しむタイプの店です。

感想のまとめ

本格的なお寿司屋さんというと敷居が高くて、誰かの紹介なしには、一人ではちょっと入れないのではないでしょうか。

僕もそうです。

でも、大黒鮨さんなら気軽にランチを食べに行けるし、そのついでに気軽に握ってもらえる。「本格的なお寿司屋さんに行きたいけど……」と気後れしているそこのあなた、大黒鮨でデビューを飾りませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA