西葛西・山長 西葛西を代表する昭和39年創業の老舗和菓子店

ケーキやパフェ。華やかなで美味しいスイーツが食べられる洋菓子店やカフェが多く点在し、スイーツ激戦区となりつつある西葛西。実は、どうしたことか和菓子店は数える程。今回ご案内するのは、アジア初のオリンピック、東京オリンピックが開催された昭和39年に創業した和菓子店「山長」店主によるとこの街には、昭和39年当時から和菓子店が少なかったとのこと。そんななかで、手作りの美味しい和菓子が食べられる貴重なお店が山長というわけです。長きに渡り、愛される素朴な味わいの和菓子を堪能してきました。

山長西葛西店の感想

 

お店の外観

こちらが山長西葛西店の外観です。

老舗和菓子店ですが、どうやらソフトクリームも食べられるようです。時代でしょうか。

 

和菓子の他にもお赤飯やおこわなども扱っています。こちらは小さな頃からよく食べていたという方も多いのではないでしょうか。

 

店内の様子

真ん中のケースには、大福やお団子などの和菓子、ケースの上にはお赤飯やちらし寿司などが並んでいます。

こちらの真ん中のケースの中に並んでいる商品は、毎日手作りで作られているもの。日持ちしないものが殆どなので、いつまで食べられるのかを尋ねると、一品一品どの位持つのかを店主自らが細かく説明してくれました。

 

こちらのケースのお菓子は、日持ちの良い贈答品用。

 

酒粕のぷりんなど珍しいスイーツも並んでいました。

店主曰く、和菓子やお赤飯などはお店で手作りしたもので、おせんべいや贈答品などは取り寄せているそうです。

ソフトクリームもそうですが、ニーズに合わせて利用できるよう工夫されているようでした。

 

一押しメニュー

店主に人気の商品を尋ねると、みたらしやごまにあんこなど種類豊富なお団子に豆大福が好評とのこと。

そんなわけでお団子を中心に購入してきました。

個人的に一番好みだったのがみたらし団子タレがとにかく美味しいのと絶妙な風合いのお焦げ。よく食べる普通のみたらし団子よりお焦げの具合が深いというか、ちょっと焦げてます。それが本当に絶妙な塩梅でタレとよく合うんです。さすが長きに渡り、西葛西の人々に愛されているだけあります!

磯辺焼きのお団子は、醤油の甘じょっぱさと海苔の香りが口いっぱいに広がる素朴な味わい。小さなお子様からご年配の方まで幅広い層に愛される味だと思います。

一緒に写っている芋ようかんも美味しかったです!しっとりしているのですが、どっしりとしていて、中身がぎっしりと詰まっている感じがわかるのですが滑らかな口触り。

 

そしてこちらがあんこのお団子にごまのお団子。

ごまはもうごま!!口に含むとごまがめちゃくちゃ主張してきます。あんこも甘すぎずさっぱりとして美味。何個でも食べられてしまいそうです。

 

山長名物 豆大福

こちら、山長の名物のひとつである豆大福をはじめとする人気の和菓子。

さすが名物だけあって硬すぎず柔らかすぎず食感もよく、程よい甘さが上品な味わいです。

一粒の栗をまるごと使った贅沢な栗まんじゅうは、洋菓子好きの人にも是非味わってほしいミルク風味。うさぎのお饅頭は見た目も可愛いので、小さなお子様が喜んでくれること間違いなしです!

どれも美味しゅうございました♪

 

山長西葛西店の詳細

 

営業時間・定休日

営業時間:9:00~19:00

定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日)

住所・お店への行き方

東京都江戸川区西葛西5-8-14 藤塚ビル 1F

西葛西駅北口を背に横断歩道を渡り、真っ直ぐに進みます。そのまま進むとさらに横断歩道があるので渡ってください。

 

小島二丁目団地の脇の道を進むとGUが見えてきます。

 

サニーモールの対面に位置する交差点の角。

 

名物の豆大福の旗と青のオーニングテント。そしてソフトクリームが目印です。西葛西駅から徒歩5分ほどと駅からは少しありますが、サニーモール前、イオンすぐ側と西葛西のみな様にはお馴染みの場所にあるのでわかりやすいと思います。

 

訪れた感想

さすが昭和39年から続く西葛西の歴史とともに歩んできた老舗和菓子店。素朴でありながら上品な味わいの和菓子は、どれも美味しく人気のほども頷けます。伝統的な和菓子だけでなく、ソフトクリームや日持ちの良いお菓子も取り扱うなど時代のニーズに応えたラインナップも嬉しいですね。店主もとても優しくアットホーム。ここもさすが西葛西といったところです。西葛西で数少ない和菓子店。和菓子が食べたくなったら是非ご利用頂きたい名店です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA