【閉店】西葛西・はち八の口コミ情報 居酒屋でこれでもかと鉄板料理を満喫

2018年11月3日追記:跡地には 赤から さんがOPENしますね

記事は こちら

西葛西に赤からが11月19日にオープンしますね。北口駅前。

 

2018年10月追記:残念ながら、はち八さんは閉店してしまいました。

2017年9月1日 OPEN からのあっけない撤退となってしまいました・・・・

2018年10月25日 追記

こちらの場所には11月19日に【赤から鍋】さんがオープンしますね。

 


今回おじゃましたのは西葛西駅前の「はち八」さん。たこ焼きが自慢のお店です。以前に西葛西の「大阪ふぃがろ亭」というお店にお邪魔しましたが、「はち八」は「大阪ふぃがろ亭」とは全く違うタイプのお店です。いったい、何がどう違うのでしょうか。

西葛西の「はち八」の感想

お店の外観

お店があるのはこちらのビルの3階。

1階がゲームセンターになっていて、その看板が目印です。エレベーターで行くことができます。

お店の内装

お店の作りは完全なる居酒屋。テーブル席、カウンター席、お座敷席と、さまざまなタイプの席が用意されておます。その数も多く、大勢の客が入れます。

メニュー表

メニュー表がこちら。

 

「はち八」の自慢は粉もの、たこ焼きです。

 

そのほかにも、鉄板焼き系のメニューが充実しています。

 

ドリンクはこちら。

おすすめメニュー

まず紹介するのは、塩とんこつ焼きそば

「とんこつ」と書いてあるだけあって、とんこつスープの香りが沸き立ちます。

麺はもちもち、ときどきカリカリ。ほのかな塩の味付けがいい塩梅です。

そして麺の中には宝石のようにプリップリのエビがたくさん。これが絶品!

実はエビが苦手な私が、「これはうまい!」とモリモリ食べてしまうほどです。

そして、自慢のタコ焼き、明太マヨ

すごい量の明太マヨがかかってる。

こちらのタコ焼きは柔らかいです。明石焼きもメニューにあるみたいですが、その系統なのでしょうか。

明太マヨはたっぷりあるので、たこ焼きは一口で食べずに、鉄板の上の明太マヨを存分に塗りたくって食べましょう。それでも、余るくらいです。

 

そしてこれがたっぷり豚バラ肉鉄板焼き中盛り。うわぁ、名前長い。

豚ばら肉とキャベツ、もやし、ネギを鉄板で炒めます。こんなの、旨くないわけがない。

味付けは塩だれ、しょうゆ、ゆずぽんと、何種類もの中から選べます。今回は塩だれをチョイスしました。こちらも程よいあんばいで、しっかりと塩味が効いています。

これだけでもう、おなかいっぱいです。なので、デザートにバニラアイスを選択。

濃厚でクリーミーな甘さです。焼きそば、たこ焼き、豚バラ肉と、濃い味付けのがっつりとしたものを食べた後だから、余計に甘さを感じるのでしょうか。例えば焼肉のあとのアイスって、やけに甘く感じますもんね。

西葛西の「はち八」の詳細

営業時間

月~金、祝前日 18:00~25:00(料理L.O.24:00、ドリンクL.O.24:30)

土 16:00~25:00(料理L.O.24:00、ドリンクL.O.24:30)

祝日 16:00~24:30(料理L.O23:30、ドリンクL.O.24:00)

住所・お店への行き方

東京都江戸川区西葛西5-1-14

行き方はものすごく簡単。

まず、西葛西駅北口に降り立ちます。

 

正面にゲームセンターのある建物が見えますね。

そこの3階です。以上。

駅から徒歩0分とはまさにこのこと。

子連れ客への対応

お店を見渡した感じでは、これといって子連れ客に特別な対応があるようには感じませんでした。そもそもが居酒屋ですからね。

女子会やランチで使えるか

まず、ランチ営業、やってません。

女子会で使えるかどうかですが、テーブル席やお座敷席もあるので、大人数での女子会でも使えそうです。ただ、やっぱり居酒屋ですので、飲みメインの女子会になるかと。

「はち八」のまとめ

この店は、女子会よりも男性客の方が向いているかもしれません。なにせ、メニューが炭水化物と肉のてんこ盛り。すぐにおなか一杯になってしまいます。

さて、同じ西葛西のタコ焼き屋「大阪ふぃがろ亭」さんとの違いですが、「大阪ふぃがろ亭」が「タコ焼き屋に居酒屋の要素を足したもの」なら、「はち八」は「居酒屋にたこ焼き屋の要素を足したもの」。たこ焼きがメインの「大阪ふぃがろ亭」、居酒屋がメインの「はち八」と使い分けるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA