西葛西・韓国家庭料理オアシスの隠れ家純豆腐チゲ

来店前に把握している情報

今回お邪魔したのは西葛西6丁目にある「韓国家庭料理 オアシス」さん。事前に調べてみると、数ある韓国料理の中でもチゲが評判みたいです。いいですねぇ。冬が深まっていく中、辛くてあったまるチゲは楽しみです。というわけで、さっそく行ってみました。

韓国家庭料理オアシスの感想

お店の外観

外観の写真はこちら。

これは……、看板が出ているとはいえ、ここにお店があると知らなければ、気づかない場所ですね。

ドアの向こうはこんな感じ。

あ……怪しい……。

とはいえ、「営業中」って書いてあるし、「出入り口」とも書いてあるし、思い切って扉を開けてみましょう。

店内の雰囲気

怪しげな外の雰囲気とは裏腹に、店内は明るい雰囲気でした。

TWICEやKARAなど、韓流スターのポスターがたくさん貼ってあります。

「韓国家庭料理」と看板に書くだけあって、店内はとても家庭的な、そして隠れ家的な雰囲気。

なんだか、「孤独のグルメ」に出てきそう。

テーブル席が4~5ほどでしたが、ほぼ満席でした。店自体がわかりづらいところにあるにもかかわらず、満席になるとは……。

若いお客さんもいたけど、主婦層が多かったですね。

メニュー表

あ、メニュー表の写真、取り忘れた……。

その代わり、表の看板の写真を撮ってきたので、それで勘弁してくだされ。

店のイチオシはサムギョプサルかな?

でも、ここは評判の「純豆腐チゲ」をいただきましょう。

おすすめメニュー

というわけで、こちらが純豆腐チゲです。

地獄の釜でも空いたんじゃないかと思うくらい、ぐつぐつと煮えたぎっています。

具材は豆腐、えのき、キュウリ、貝、などなど。いずれも、チゲの味がしっかりとしみています。

この貝がポイント。貝から出た魚介ダシが混ざり合い、チゲに渋い旨味を与えています。

そして、チゲの中央にうっすらと見えるのが生卵。これをかき混ぜることにより、ふんわりとしたまろやかな書簡を楽しむことができます。

ああ、うまくて辛い。これが、白飯に合うんだぁ。

お付け合わせのナムルもおいしかったです。こういったお付け合わせは、三種のうちの一種口に合えば、それでいいのです。

ちなみに、韓国料理に珍しく、付け合わせにキムチは出てきませんでした。まあ、チゲ自体がすでに辛いからね。

3つ並んだ小鉢の左側は、キムチではなく、ちくわを味付けたものです。

韓国家庭料理オアシスの詳細

営業時間

ランチ 11:00~14:0011
ディナー 17:00~24:00(L.O.23:30)

定休日:月曜日

住所・お店への行き方

東京都江戸川区西葛西6-5-17

お店があるのは西葛西の南口。

 

駅を背に、南にまっすぐ進んでください。

 

信号を右に曲がります。

 

左手の公園を横目に歩きます。

 

この看板が目印。わかりづらいところにあるので、きをつけて。

子供連れ客への対応

子供連れ客に対する対応は、とくには見られませんでした。

ランチ・女子会で使えるか

今回お邪魔した時は、このお店のメインのお客さんは主婦層なんだな、そのような印象を抱きました。

メニューも全体的にヘルシーなものが多く、主婦を中心とした女性客に人気が出そうなお店でした。

感想のまとめ

いや、「人気が出そう」ではないな。

すでに人気のお店でした。

お店自体がほんとに小さく、普通の家の一角をリフォームして作った、そんな感じです。

さらに、お店の場所もわかりづらく、ちょっと通りがかっただけでは気付かないかもしれない。

にもかかわらず、若い世代から年配の方まで、幅広い世代のお客さんで店が埋まるというのは、本当にすごいこと。

韓国家庭料理なので、辛い味付けのメニューも多く、これからの寒い冬に向けて、その名前の通りオアシスとなりうるお店でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA