葛西・カフェとインド家庭料理レカで異文化交流体験!

来店前に把握している情報

今回お邪魔したのは西葛西のお隣葛西駅の「カフェとインド家庭料理 レカ」さん。事前に調べてみると、こちらのレカさんは西インド料理を出すお店だそうで、特に家庭料理に特化しているとのこと。西葛西近辺は様々なインド料理屋がありますが、果たして今回はどんなお店なのでしょうか。

カフェとインド家庭料理 レカの感想

お店の外観

こちらがレカさんの外観。

線路に近い、ひっそりとした住宅街の中にあります。

看板によると、

二階には「江戸川インド文化センターとゼミ」という施設があるようです。

店内の雰囲気

店内にも、インドの民族衣装などが置かれ、さらに、インドの雑貨やお菓子が販売されており、中はインドそのもの。

一方で、日本の神棚も置いてあります。商売繁盛のため地元の神様を祀るのも大切です。

面白かったのが、

こんな冊子が置いてあったこと。

インドの文化について、いろいろなことが書いてある、まさにインドの教科書です。

インド人の性格を解説するページもあって、「日本人がインド人とうまく付き合っていくには」なんて言うのも書いてあります。また、「カースト制に関して誤解されがちなこと」を解説するページもあります。インドの方が書かれたみたいですが、全編、堪能な日本語なので読みやすいですよ。

メニュー表

メニュー表はこちら。

上にあげた冊子と紛らわしいので気を付けること。

黄色い方がインド文化の冊子で、赤い方がメニュー表です。

おすすめメニュー

今回はランチの定番、スペシャルセットをオーダー。カレーの種類は曜日ごとに変わります。

なんか、給食か機内食を思い出したのは僕だけでしょうか。

それほど量は多くないですね。ほかのインド料理屋だと、皿からはみ出るくらいのナンが出てきて、「食べきれるかなぁ」と心配になったりするのですが。

先ほどの冊子に西インド料理の特徴として「素朴」というのが書いてありましたが、なるほど、確かに素朴な感じです。

ところでこれは何だろう?

これはきっとナンだろう。

いや、ナンではない。なんにしては薄い!

これはチャパティ

ナンが小麦粉にミルクを混ぜて作るのに対し、チャパティは小麦粉に水を混ぜて作ります。

他にもいろいろと違いがあるので、興味がある人は調べてみてね。

カレーは思ったほど辛くはなかったです。ほかの店では時にひーひー言いながら食べるのに。

個人的に一番おいしかったのはこのビリヤニ

スパイシーで、日本人の舌にも合う味です。中に大きくやわらかいチキンが隠れていますよ。

ビリヤニって店によってはパクチーとかクセの強い香辛料を入れているのですが、ここにビリヤニはそんなこともなく、食べやすいです。

しかし、同じ「インド料理」でも、家庭料理に特化しているだけだって、また一味違いますね。インドという国は言語だけで800もあると言いますが、やはりそれだけ一つの国の中でもいろんな文化があるのでしょう。

食とは、最も手っ取り早い異文化コミュニケーションの方法です。

さて、これは何だろう?

……これは本当に何だろう?

まあ、見た目からなんとなくわかると思いますが、甘いです。デザートのお菓子です。

たぶん、茎のようなものを砂糖で煮詰めたものではないかと。和菓子などではなかなかない、超甘いお菓子です。こういったところもまた、異文化コミュニケーションです。

さて、店内でインドのお菓子を売っていたので、購入してお持ち帰り。早速食べてみました。

これは本当にいったい何だろう?

この渦巻き、名前もわからないのですが、見ても通り油で小麦粉をカラッと揚げたおせんべいみたいなもの。

うまいです。インドのスナック菓子みたいなものかな。これまた香辛料らしきものが若干の甘みをはらんでいて、それがおいしさを引き立てています。

カフェとインド家庭料理 レカの詳細

営業時間

ランチ 11:30~15:00

ディナー 18:00~21:30

定休日:月曜日

住所・お店への行き方

東京都江戸川区東葛西6-23-11

今回降りるのは葛西駅の南口。

 

大通りを南に向かって歩き、TSUTAYAがある通りで左折します。

 

そのまままっすぐ歩きます。

 

この病院とセブンイレブンの間で左折。

 

本当にこんな住宅街に、お店があるのかよ。

 

おや、このテラスは……?

 

ありました。

 

子供連れ客への対応

おもちゃがいっぱいおいてあり、子供連れに対してもばっちりです。

ランチ・女子会に使えるか

駅からちょっと遠いのが難点でしょうか。ただ、レカさんはヘルシーさも売りにしているので、女性向けだと思います。

まとめ

異文化交流のできるお店です。味でも、他の面でも。インドの家庭料理を味わいたい人、もっと深くインドを知りたい人におすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA