西葛西・スパイスマジックカルカッタ 南口店のカレーで、年末なのに汗が止まらない!

来店前に把握している情報

今回お邪魔したのはスパイスマジックカルカッタの南口店。以前に北口にある本店の方にお邪魔したのですが、同じ西葛西にもう一店舗「スパイスマジックカルカッタ」があるのです。どうやら、本店が北インド系なのに対し、南口店は南インド系なのだとか。いったい、どう違うんだろう?

スパイスマジックカルカッタ 南口の感想

お店の外観

スパイスマジックカルカッタの南口店があるのはマンションの2階。

 

駅の方から歩いていくと、特に目立つ看板があるわけではないから、ちょっと気づきづらいかもしれません。

場所が2階、というのも気づきづらい理由の一つかもしれませんね。

店内の雰囲気

店内は席がほぼ埋まっていて、日本人8割、インド人2割くらい。

お店に入ると、まるでお通しかのようにサラダが出てきました。

まあ、どのランチセットを頼んでも、どのみちサラダはついてくるからなぁ。

他にも、オーダーの五秒後にはドリンクが出てきました。

メニュー表

こちらが週末のランチメニュー。

そう、この日は休日。休日は平日とは違うランチセットを出しているのです。

平日のランチがどんな感じかはこちらを参照してください。

今回はBランチをオーダー。ルーはチキンカレーと、ほうれん草・カッテージチーズカレーを選びました。

イチオシメニュー

というわけで、やってきましたBランチ

結構量があるぞ? ああ、太ってしまう……。

ナンの上に載っているのは、日本のエビせんべいみたいなもの。ぱりぱりしてます。

 

こっちがチキンカレーです。

本店のカレーはスパイスが効いていましたが、南口はマイルドな辛さ。

ちなみに、北インドのカレールーはドロドロしてるのだけれど、南インドのカレールーはさらさらしているのだとか。

 

そしてこっちがほうれん草カレーです。え? 説明しなくても、色を見ればわかる?

こちらはホウレンソウ特有の渋みがありますが、ほうれん草が苦手な人でも大丈夫。渋い中にしっかりと旨味があります。

曲者は二つの肉料理。シーク・カバブは刺激的なスパイスの辛さ、一方、チキンティッカはおなじみのカレー味。赤い辛さと黄色い辛さ、二つの辛さが楽しめます。

肉料理のスパイスで舌を温めてからもう一度カレーを食べると……、

辛れー!

カレーのスパイスではなく、サイドの料理のスパイスで舌を刺激して、するとカレーも一気に刺激的に感じる。これが、南口のスパイスマジック!

これは、本場の辛さだ。

食べ終わるころには、年末だというのに汗をかいていました。

これはかなり代謝がよくなったはず。ああ、痩せてしまう……。

スパイスマジックカルカッタ 南口店の詳細

営業時間

ランチ 11:00~15:00

ディナー 17:00~22:00

定休日:月曜日

住所・お店への行き方

東京都江戸川区西葛西6-24-5

まずは「南口店」ですから、西葛西の南口に降り立ちます。

 

駅前の通りをまっすぐ葛西駅方面に歩けば、5分ほどでお店に着きます。本店とは西葛西駅をはさんで、ちょうど反対側ですね。

子連れ客への対応

子連れ客に対して特別な対応は見られませんでした。

っていうか、子供にこの味は辛い!

辛さは調節できるようなので、お子さんのお連れの際は、是非、っていうか、確実に辛さを調整することをお勧めします。

ランチ・女子会に使えるか

大いにありですね。しいて難点を上げるとすれば、テーブル数が決して多くないことかな。

まとめ

昔、インドで本場のカレーを食べた時のことを久々に思い出しました。

本場のカレーは、もう食べられないくらい辛いんですけど、こっちはちゃんと日本人の下に合わせた、食べられる、そしておいしいカレーです。

寒い季節は、西葛西のスパイスの魔法で、体をぽかぽかにして乗り切ろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA