西葛西・はなぶさのラーメン・チャーハン・餃子に男の職人芸を見た!

来店前に把握している情報

今回訪れたのは西葛西のラーメン屋「はなぶさ」さん。事前にネットで調べてみると、タンメンや餃子が人気みたいです。どうやら、昔ながらのラーメン屋といったイメージ。果たしてどんな店なのか、さっそく行ってみましょう。

はなぶさの感想

お店の外観

こちらが「はなぶさ」さんの外観。

西葛西近辺の方なら「あ、見覚えがある!」と思う人も多いのでは?

葛西橋通り沿いにあるラーメン屋さんです。

歩道橋の上から見るとこんな感じ。

店内の雰囲気

店内は外観から受けた印象よりも広いイメージでした。ドアをくぐると右奥に広大な厨房が広がり、二人の店員さんが忙しそうに作業しています。厨房の前にはカウンター。店の左側にはテーブル席が二つあります。

男性客が多いですが、女性客もちらほらいますね。

そして、けっこうにぎわっていました。

メニュー表

メニュー表はこんな感じ

ラーメンが620円、餃子は380円、このテのお店にしてはちょっと割高なイメージですが、これは自信の表れか?

イチオシメニュー

まず紹介するのはタンメン

見た目は普通のタンメン。さてさて味は……。

……うまい!

スープがしっかりと塩の旨味が効いている!

テーブルの上にはいろいろ調味料が置いてありますが、

こんなものいらない! スープの味、そのままでうまい! むしろ、この味に余計なものを追加したくない! そのまま食べたい!

このスープ画面によく絡むのです。

次に紹介するのがチャーハン

こちらも見た目は地味ですね。ごく普通のチャーハンです。

ぱくり。

あー! うまいい!

地味な見た目とは裏腹に、味はしっかりと「ザ・チャーハン」。

冷凍のチャーハンのCMで、小栗旬が、「この店のチャーハン、週に一度は食べたくなる」って言ってるやつあるじゃないですか。

これや! これこそが「週に一度は食べたくなるチャーハン」だ!

そして餃子

こんがり焼き目の餃子です。

ぱくり。

ほぼ、肉汁!

一瞬、間違えて小籠包を頼んだとかと勘違いするくらい、肉汁が、旨味がぎっしりと詰まっています。

全部食べ終えるとお皿には滴った肉汁が。

これを、飲む!

そばの最後に蕎麦湯を飲むように、餃子の最後に肉汁を飲むのです。

厨房を見ると、おじさんが一人で黙々と中華鍋を振っています。

おじさん、あんたがこれを作ったのかい……。

けっして派手な見た目じゃない。写真映えはしないかもしれない。

でも、その味は本物! 街中華の技巧のすべてが集結し、食べたものの舌をこれでもかと喜ばせる。

インスタ映え? それがどうした。料理は見た目じゃない。話題性でもない。

メシは味だ! そう確信させる職人芸です。

割高? むしろ、この値段に見合った味です。

はなぶさの詳細

営業時間

ランチ 11:30~14:30

ディナー 17:30~26:00

定休日:水曜日

住所・お店への行き方

東京都江戸川区西葛西4-1-19

まず、西葛西駅の北口を出ます。

ここからイオンを目指します。

葛西橋通りに出たら、右折。通り沿いに歩けば看板が見えてきます。

子供連れへの対応

特に子供向けへの対応はないですが、一つ一つっが決して大森というわけではないので、子供でも食べやすいのではないでしょうか。

ランチ・女子会に使えるか

この店で女子会を開くやつはいないと思う。

はなぶさのまとめ

仕事帰りにお酒をたしなみながら、そういったお客さんが多いように見受けられました。一人で来てもよし、仲間出来てもよし。

あと、周りを見渡すと、しょうが焼きといった定食を注文する人の多いこと多いこと。次に行ったときはしょうが焼きを注文しようかな。

おじさんの職人芸、是非、その舌で確かめてみてください。きっと、週に一度は行きたくなるはず。

↓↓ 西葛西でおすすめのラーメン店 17選 はこちら ↓↓

西葛西でおすすめのラーメン店 17選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA