西葛西・焼肉大将の焼き肉が大正解!

来店前に把握している情報

今回お邪魔したのは西葛西の焼肉大将さん。どんなお店かネットで調べてみるとこんな声が。「焼肉屋さんなんだけど、お店の前は焼き鳥屋さんです」。……なんのこっちゃ。焼肉やんなだけど、焼き鳥屋なもの、な~んだ? ……なぞなぞかな?

焼肉大将の感想

お店の外観

こちらが焼肉大将さんのお店の外観です。あんたが大将!

別の角度から撮影するとこうなります。

ちょっとわかりづらいのですが、写真の左側に小さな小屋があります。ここで焼き鳥を焼いて、販売しているんですね。持ち帰りできますよ。

店内の雰囲気

店内はこんな感じ。

1階席は個人向け、2階席は宴会用になっています。僕のいた1階席から2階の様子は見えないのですが、階段わきの下駄箱には靴がぎっしり並び、時々上から大きな笑い声がたびたび起こっていました。

店内にはいくつかのサインも飾られています。

僕が注目したのは「誰のサインか」ではなく、「いつのサインか」。

なんと、平成元年のサインがあります。30年以上やっている老舗です。

メニュー表

こちらがメニュー表。

普通のカルビが1230円……。う~ん、ちょっと割高かなぁ……。

おすすめメニュー

まずはお通しがやってきました。

お通しはナムルです。トマトもレタスもナムル風の味付けになっています。

これは……ご飯と一緒に食うべきだ!

実際、ご飯と一緒に食べたらこれが大正解!

そんなこんなで、メインディッシュが届きました!

割高なカルビ!(割高は余計)

 

うわ~! うま~い!

これは、かなり上質な肉を使っています。たれもめちゃくちゃご飯にあいます。

これは本当にうまい。大満足です。ちょっと割高なこととか、お肉の置き方がちょっと雑だったこととか、もう全部どうでもよくなるおいしさです。

普通のカルビでこんなにおいしかったら、上カルビなんて食べてしまった日には、うますぎて死んでしまう!

と、カルビと一緒に運ばれてきたのがこいつ。

ニンニク?

これをどうしろと?

すりおろそうにもおろし器がない。

とりあえず肉と一緒に網で焼いてみるけれど、正解がわからない。

とりあえず、肉に巻いて丸ごと食べてみるか。

う……、

うわぁああ! 大正解! 肉とニンニク、いや、ニン肉、大正解です!

途中式なんてどうだっていいんですよ。答えがあっていれば、おいしければなんだっていいんです。おいしければそれが正解です。たぶん。

続いて頼んだのが800円の丸腸

はさみがついてきたんだが……。これまた正解がわからない……。

分厚い丸腸をちょいちょい切れ込みを入れながら焼いていきます。やっぱり、正解がわからない……。

十分に焼けたところで実食。

あ~あ~あああ~!

だいせいか~い!

丸腸の中に詰まったとろとろの脂が舌の上に零れ落ちます。これですこれです、だいせいか~い! う~ん、たまらん!

焼肉大将の詳細

営業時間

焼肉 11:00~27:00

焼き鳥 15:00~21:00

住所・お店への行き方

東京都江戸川区西葛西3-14-1

まず、西葛西駅北口におります。

線路沿いに西へ、都心方面に向かって歩きます。

実はこの時点でもう看板が見えています。はい、ちょっとズームしてみましょうね~。

はい、こんな感じです。

子供連れへの対応

お酒を飲みながら楽しむような焼肉屋さんですので、お子さんに対する対応は特には見られなかったです。

ランチ・女子会に使えるか

ランチ営業もやっていますが、やっぱり店内は男性客が多かったですね。女子会、というイメージはちょっとないです。

焼肉大将のまとめ

宴会やお祝い事などに適したお店です。また、一人で来て好きなだけ肉をほおばる、というのもいいのではないでしょうか。『孤独のグルメ』の名シーン。「俺の胃袋は溶鉄炉。うおおおん。俺は人間火力発電所だ」、あのシーンを再現するのにぴったりな焼肉屋さんです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA